• 医療費用補助対象

    後縦靱帯骨化症の症状として、背骨の動きが悪くなり、体が硬くなる、背骨に痛みがあるなどの症状がでます。手足のしびれが起きて、細かい動きが出来ない、歩行に影響がでるなどもあります。

    Read more
  • 早めに見つける

    大腸ガンは、生涯の内で発症する確立が5%ほどあると言われています。女性の死因となる確立も高いので、定期的に検診を行なって早めに治療をすることが生存率を上げるポイントとなります。

    Read more
  • 手術方法が変わった

    大腸ガンの手術をいえば、お腹を切って行なう開腹手術でしたが、最近では内視鏡手術と腹腔鏡下手術が主流となっています。開腹手術は負担が大きかったですが、内視鏡手術と腹腔鏡下手術は負担が減ったことが利点です。

    Read more

治療費の目安と特徴

後縦靱帯骨化症が発症してしまった方は、専門医の適切な処置が必要なので、こちらで紹介されている病院に通院する事をお勧めいたします。

最新のがん治療として注目されているNK療法のことならこちらのサイトを紹介しています。治療法の詳細はこちらをチェックしましょう。

治療費の目安と通院について

悪性リンパ腫とはリンパ系にできる悪性腫瘍の総称です。リンパというのは人間の全身に流れている免疫系統のことをさします。そのためリンパ内での悪性腫瘍の発生は全身に移りやすく、全身に対する抗がん剤治療になります。悪性リンパ腫には大きく分けて二つの分類があり、さらに細分化しています。このタイプに分けて治療が変わってくるのが特徴です。大別すると放射線治療、化学療法、生物学的製剤、造血肝細胞移植などがあります。これらを組み合わせて治療を行います。一回目の入院で手術などを行った場合は150〜200万円ほどの費用になりますが、保険と高額医療費負担制度の利用で自己負担は10万円前後になるはずです。さらに通院で抗がん剤や放射線治療を行った場合、1回の通院で5000〜10000円ほどの自己負担になります。

悪性リンパ腫の特徴と治療

悪性リンパ腫は全身のリンパ系統に発現される悪性腫瘍ですが、ほかの悪性腫瘍と比べるとやや毛色が違います。まずほかの悪性腫瘍が限局的な発生から始まるのに対して、悪性リンパ腫はリンパを介して全身をめぐっています。そのため外科手術などによる摘出などはあまり行われません。放射線療法や化学療法を選択するのですが、時折リンパにできた「しこり」などを除去する手術は行われるようです。さらに全身に発生するという性質上、治療をして癌が完全に消えた、とする方法がないのも特徴です。そのため完治ではなく、緩解という言葉を使います。しかし1度治療に反応した癌であれば、再度発見されても同じ治療に反応する期待がとても大きいです。さらに近年は医学の進歩により、悪性度が高いとされる種類でも緩解が可能になってきました。