手術方法が変わった

腹腔鏡下手術などが選択出来るようになりました。

昔の大腸がん手術と言えば、お腹をパックリと切る開腹手術が主流でした。今はこれにかわって患者負担のより少ない別の治療法が積極的に採用されています。それらは内視鏡手術と腹腔鏡下手術です。前者は、肛門から大腸カメラを入れて患部を見ながら切る方法です。これはごく初期の大腸がんにのみ適応可能です。後者は、お腹に腹腔鏡という器具を挿入して開腹せずに器具で患部を取り出す方法です。これらの手術は圧倒的に患者負担が少ないのでどんどん普及しています。また昔は直腸付近の大腸がんの場合、人工肛門になる可能性が高かったです。その状況もだいぶ変わりました。医療用のホッチキスが開発されて、出来るだけ自力排便機能を残すような手術方法が行われるようになっています。

現在は患者と医師で相談して治療方法を決める事が多いです。

今のがん治療は医師が勝手に決めることはありません。また、治療方法も幾つかあります。したがって、大腸がんが発見されて詳しい検査の結果、その治療法の選択肢が示されます。大腸がんのステージがかなり進行している場合以外は開腹手術よりも腹腔鏡手術などが選択できます。開腹手術だと腹筋を切り裂くために退院まで時間がかかります。傷も大きく残ってしまいますので、腹腔鏡手術がおすすめです。この手術はお腹に幾つか穴を開けるだけなので、患者への負担が非常に少ないです。ただし、これをやれる医師の技量が高くなくてはいけないので、どこでも受けられるわけではない事は知っておいて下さい。今はインターネットの時代です。腹腔鏡下手術の名医とその所属病院を探すことは簡単です。ネットを活用して下調べしてから病院を選択しましょう。